総合診療、高血圧診療、健康診断、予防接種、禁煙外来

片頭痛

疫学調査によると、日本人の約8%が片頭痛に悩まされているといわれ、男性よりも女性に多くみられます。たいていの場合、10~20歳代ではじめてあらわれ、その後、いわゆる「頭痛持ち」に移行します。
 片頭痛の場合、痛みは数時間から、長い場合は数日間続きます。片頭痛の名のとおり、頭の片側のこめかみから目にかけてのあたりが痛むことが多いのですが、頭の両側や後頭部が痛むケースもみられます。

診断基準片頭痛の症状には、次のような特徴があります。

①「ズキンズキン」あるいは「ガンガン」と脈打つような激しい痛みが続く
 
②頭痛の起こる回数は、月に1~2回程度から、多いときには週に1~2回
 
③痛みは1~2時間でピークに達し、吐き気やおう吐を伴うケースが多い
 
④あまりの痛みに動くこともできず、仕事や勉強などが手につかなくなったり、寝込んでしまうことも
 
⑤痛みの発作が起きている間は、姿勢を変えたり、頭をちょっと傾けたりするだけでも痛みが強くなる
 
⑥音や光に対して過敏になっているため、ふだんは気にならない程度のまぶしさ、テレビの音や話し声 
 などがうるさく感じられることも多い
 
⑦明るい場所にいたり、周りがうるさいときにも痛みが増す
 

原因

何らかの原因で脳の内部や周辺の血管が収縮し、その反動で拡がり過ぎたとき、拡がった血管が直接、近くの感覚神経を刺激するとともに、血管の周囲に炎症が広がり、痛みが起こると考えられています。

なぜ血管が収縮したり拡張したりするのか、まだはっきりとわかっていませんが、血液中の血小板から分泌されるセロトニンという神経伝達物質や、脳の血管の周囲に存在する三叉神経の関与が推測されています。

 

予防

●過労や睡眠不足、精神的ストレス
ハードな仕事をがんばってやり終えたとき、大きな悩みから解放されたときなど、緊張がとけてほっとしたとたん、それまで抑えていたストレスが一気に噴き出して頭痛がはじまるというパターンが多いようです。これは、ストレスのかかっている最中には緊張によって収縮していた血管が、リラックスすることによって拡がるためと考えられます。実際、ウィークデーはなんでもないのに、せっかくの休日、朝から片頭痛に悩まされるという人は少なくありません。このようなケースは「週末頭痛」ともよばれています。

 

●月経、妊娠、出産などによる女性ホルモンの分泌バランスの変化
生理のはじまる1~2日前や、生理中によく起こります。妊娠中、片頭痛は一時的に治まることが多いのですが、出産後はまた始まります。経口避妊薬(ピル)を服用した場合も、片頭痛が生じやすくなることがあります。

 

●家族歴
家族や親族の中にも同じような頭痛持ちの人がいることが多く、その点から遺伝的体質との関係も考えられます。特に母親が片頭痛の場合、娘が片頭痛になる確率が高いことが知られています。

 

●特定の食べ物
人によっては、アルコールやチョコレートあるいは食品の防腐剤として使われている亜硝酸塩、グルタミン酸などの添加物によっても片頭痛が誘発されるといわれていますが、これらの食物が直接影響しているかどうかは疑問視されています。食べた時の状況に関係がある場合も考えられます。頭痛日記で細かく観察し、自分にとっての誘因はなんであるかをチェックしてみましょう。ただし、あまり神経質になり過ぎないようにして下さい。

 

●空腹
ダイエット中であったり、朝食を食べないで学校や会社へ行くと、頭痛が起こることがあります。

 

●人込みや騒音、まぶしい光
デパートなど人の集まる場所に出かけると、頭痛が起こる場合がよくあります。この場合、人込み、騒音、まぶしい光、ストレスあるいは香水のにおいなどによって頭痛が誘発されていると考えられます。

また、旅行へ行くと頭痛が起こるという話もよく聞きます。旅行には、車酔い、早起き(寝不足)、不規則な食事、疲労、ホテルの部屋の乾燥、ストレス、ストレスからの解放など、頭痛に関連する実に多くの要因が絡んでいます。

 

●気候の変化
低気圧が近づくと頭痛が起こりやすいことが知られています。また、寒さによって頭痛が誘発される場合があります。冷房している室内で、冷気が直接頭に当たる場合などによく起こります。この場合は頭や首にスカーフを巻くなどして、冷気を防ぐとよいでしょう。

 

●睡眠
寝すぎ、寝不足も片頭痛の誘因となります。