総合診療、高血圧専門外来、健康診断、予防接種、禁煙外来

メタボリック・シンドローム

日本肥満学会、日本動脈硬化学会、日本糖尿病学会、日本高血圧学会、日本循環器学会、日本腎臓病学会、日本血栓止血学会、日本内科学会など8学会から選出されたメンバーで構成された「メタボリックシンドローム診断基準検討委員会」により、2005年4月8日に日本内科学会総会で日本でのメタボリックシンドロームの暫定的な診断基準が決まりました。

 

診断基準

①内臓肥満 ウエスト周囲径が男性で85cm、女性で90cm以上
 
②血清脂質異常(トリグリセリド値150mg/dL以上、またはHDLコレステロール値40mg/dL未満)
 
③血圧高値(最高血圧130mmHg以上、または最低血圧85mmHg以上)
 
④高血糖(空腹時血糖値110mg/dL)
 

①を必須項目とし、②~④の3項目のうち2つ以上を有する場合をメタボリックシンドロームと診断します。

①を必須項目とし、②~④の3項目のうち1つを有する場合をメタボリックシンドロームの予備軍となります。

 

ひとつひとつの病態が軽度でも、動脈硬化が進むと「心筋梗塞」や「脳梗塞」などの重篤な病気を引き起こしますが、メタボリック・シンドロームの人は、そうでない人に比べ約3倍も心筋梗塞や脳梗塞を発症しやすいといわれています。

 

タボリック・シンドロームの中で、腹部肥満は最も重要な要素で、BMI25以上となります。

 

厚生労働省の発表した「平成16年度国民健康・栄養調査結果の概要」では、40歳~74歳で約1000万人のかたが、メタボリック症候群にあたるとしてます。しかし、内臓脂肪型肥満の人で、表の②~④の項目が1つでも該当する予備軍は男性で50%、女性で20%もいます。この予備軍を合わせると、メタボリック・シンドロームに該当する人は約2000万人にも及び、きわめて身近なものといえます。そのため、現在大きな問題となっています。

 

予防

  • 規則正しい食事
  • バランスの摂れた食事
  • 脂肪を控えめに
  • 塩分を控えめに
  • 糖分を控えめに
  • お酒をを控えめに
  • たばこを控えめに
  • 適度な運動を
  • 減量を